特許

1.水中油型乳化基剤  特許第5835541号

一般に、化粧品、洗浄剤は、油脂と水と他の添加物を、均一に混ぜ合わせて商品化するために界面活性を使用します。 (クリーム、乳液、化粧水、美容液、クレンジング、シャンプー、リンス、ヘアコンディショナー、他)

界面活性剤のうち、超高温、超高圧で化学合成された非生物型の物質が、合成界面活性剤です。
石油系以外の植物系、アミノ酸系、食品使用系、馬油系、等の乳化・洗浄剤も、化学合成された合成界面活性剤です。多種、多量の組み合わせで処方化されるので、異物を真皮に経皮吸収*させます。

合成界面活性剤は低コストで乳化、可溶化、分散化が強力で簡便なのです。

合成界面活性剤は、生きている細胞膜を溶解・破壊し、異物を体内に経皮吸収*します。
*経皮吸収・・・皮膚から物質を吸収すること

 

 

ページ上部へ戻る