ブログ

美肌的概念

肌、本来の力で美しく〜東京の下町から発信する化粧品の革命〜

いろいろな化粧品を試しても肌状態がなかなか改善しない、むしろ肌トラブルを起こしてしまう。世の中にはそんな方が大勢います。それはそのお手入れが肌のメカニズムに逆らっているからなのです。

肌には、本来、自ら美しくなろうとする力が備わっています。肌のメカニズムからすると誰でも美肌になれるのです。

ノンレム化粧品はそこに注目し、研究を続けてきました。

肌にとって本当に良い化粧品とは何か。それは肌が本来持っている力を活かすことが出来る化粧品です。私たちの研究の結果、それを妨げているのは合成界面活性剤であることが判明しました。

しかし、いまもなお、世界中の化粧品には全て合成界面活性剤が使用されています。

ではなぜ合成界面活性剤を使用しているのか。それは、いままでの技術では合成界面活性剤を使用しないと化粧品自体が作れなかったのです。

私たちは長年の研究の結果、弱酸性の液晶皮脂膜乳化技術(特許申請中)の開発に成功し、生物型の界面活性剤(不飽和脂肪酸塩・不飽和石けん)を使用することで、合成界面活性剤を全く使用せずに化粧品を作ることに成功しました。

これは世界にひとつだけの技術です。化粧品の革命とも言えます。

ノンレム化粧品は肌本来の力を取り戻し、美肌へと導く、世界にひとつだけの化粧品です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る